花に嵐のたとえもあるぞ さよならだけが人生だ=井伏鱒二=
by na-boo
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
<   2005年 09月 ( 19 )   > この月の画像一覧
ゴリライモを探せ!
b0053867_1681337.jpg

[PR]
by na-boo | 2005-09-29 16:07 | ビッチ野鳥の会
退院
病院から電話があった。
退院です。迎えにきてください。とのこと。
インコを迎えに一時間くらい外出したいと上司に話すと、快くオッケイ。
いい会社だ。
ビルを抜けだし、現在、病院にお迎え途中…。

良かった。

良かった。

私は二日酔いだ。

良かった。
良かった。
[PR]
by na-boo | 2005-09-28 18:28 | ビッチ野鳥の会
ウヒィイイ
飲み過ぎ。
昨日朝6時すぎまで宅飲みしてしまった!!!
こ、この空ボトルたちはなんなのだッ(汗)

大寝坊!!!!!!!!
ゴリライモの午前のお見舞い時間に間に合わないッ(汗ッ)3時からは私は仕事だ(泣)

ダメだ〜〜〜〜 ダメ飼い主だ〜〜〜ッッ
私というダメ人間をどうにかしてくれ〜(泣)

と、とりあえず、電話してお見舞い行けるか聞いてみよう。
ご、ごめん。ごめんゴリライモ。ごめん
[PR]
by na-boo | 2005-09-26 11:45 | ビッチ野鳥の会
ホロリ。
b0053867_3325073.jpg


車で病院まで連れていってくれたSちゃんが
今日、私が気をもんでいるのを憂慮して
会社帰りに、面会時間だったのでお見舞いに行ってくれたという。
ゴリライモは透明の虫かご(ペットショップでヒナが入れられているヤツ)に入ってて
下に敷いてあるキッチンペーパーと新聞紙の隙間にもぐり、
虫カゴの隅でやたらと怒っていたらしい。
脱出をはかってる模様。

仕事中に、そのメールがきて
ホロリ。
ホロリときてしまった。

名前を呼ぶと、『ピロリ!』と泣いたらしい。

ヒィイイ。もう、どうしよう。明日、その姿を見て、
「ここから出して〜」って顔されたらどうしよう。

我慢。我慢しよう。
注射はテキメンに効いてるらしく、メガバクテリアは減っているらしい。
でも、餌を食べないらしい。
このままだと強制給餌(そのうに直接)らしい。
らしい、らしい、では納得できない。

明日直接聞いてみよう。

Oさんからゴリライモの回復祈願折り鶴もらった。
「早く  元気になってネ」だって。優しいなぁ。
b0053867_3433166.jpg

[PR]
by na-boo | 2005-09-26 03:44 | ビッチ野鳥の会
ひよこのフィナンシェ
このブログに、ゴリライモが不調になってから、ライブドアのアダルトブログに3つもトラックバックされてしまった(泣。しかも2日連続で。すぐ削除したけど、すごくいやな気持ちになるなぁ。アダルトはけっこうだけどさ、ゴリライモにトラックバックすることないやんかぁああ。アクセスブロックしたから大丈夫だと思うけど。ふぅぅ。だ。どーにかしてくれホリエモン!
イラッとするから、この件は忘れようっと。


昨日は夜ごはんを外で食べた。酒も飲んだ。
帰りに博多駅で、こんなおかしを買ってしまった。酔行動。
b0053867_13563249.jpg

ゴリライモのお見舞いは、毎日来ていいと言われたけど、明日行こうと思う。
昨日の夜は酒を飲み過ぎたせいか「明日には退院させよう」などと世迷い言を考えてしまったからだ。私はずいぶんゴリライモに依存してしまってるようだ。家の中で物音がしないのことに淋しくなってしまった。こんなこっちゃいけない。自分のことばっかりだ。ゴリライモの健康のことを第一に考えてやろう。

b0053867_13574699.jpgそれから
ゲージがね、いつも床にあって外が見れないから、
ベランダもコンクリートだから、風も当たってこないから、
まわりはビルばかりだけど、少しは気分転換になるんやないかな、と思ってゲージを掛けるスタンドを買った。すこーし喜ぶんやないかな。

ほかにもオモチャを買った。なんだか、親バカだ。
ゴリライモ。退院するの早いといいねぇ。

明日、お見舞い、楽しみだ。
b0053867_13581658.jpg

[PR]
by na-boo | 2005-09-25 14:00 | ビッチ野鳥の会
インコとの出会い
インコが好きな人って多いんだなぁ。
たくさんコメントがきて、すごくウレシかったりする。

私とインコの出会い。
それは1匹のスズメから始まったんです。
私が小学校1年のときに、父が、車を運転中にボンネットにボトリと落ちてきたスズメを家に持って帰ったことが、そのスズメ、まだクチバシが真ッ黄色の「チュン」との出会いでした。
最初の日は、家の中をガッツンガッツンぶつかりながら飛んで、野生そのものでしたが、3日も経たないうちに、人間の手の中で寝るようになりました。見よう見まねで小鳥用のふやかした餌を与えたりしているうちに、人間への恐怖もとれ、親鳥から離れた不安からも放たれ安心したんでしょう。

成鳥になったチュンは利口で、外に放っても家に帰ってきました。なので、肩にのせて外に出ても、大丈夫。仲間たちと羽ばたいても、数日後にはベランダに帰ってきました。

飼っているうちにスズメが、小さな虫を食べることに気がつきました。それまで、米、アワ、ヒエばかり与えていたのですが、チュンが好きなので、小さな蜘蛛をとりにいきました。今では私は虫という虫、特に蜘蛛はシビレるほど嫌いですが、子どものころは興味があることにはなんでも恐れずにやってたもんです。毎日、毎日、チュンのごほうびに小さな蜘蛛をつかまえてました。

チュンは水浴びはしなかったけど、砂浴びのようなことをしていました。くしゅくしゅっ、っとなった布の隙間を見つけるとその中の隙間にドリルのように身を巻きながら入れるのです。何度も何度も。

チュンを飼って1年経ったころ、
朝起きて、いつものように、おはようと声をかけて、チュンを小屋から出しました。私は日常的なことなので何の悪気もなく放鳥したのですが、学校へ行く前に、チュンがいない、と家族で大騒ぎになりました。窓も開けていないので、家の中にいるはずです。
夜勤明けで帰ってきたばかりで寝ようとしていた父まで起き出してきました。

きっと、カーテンや、ハンガーにかけた洋服なんかの布の中にいるはずだ、と思いました。
そのとき、「あ」。と父が変な声をあげました。
それから、「見るな」と言いました。
父に一番馴れていたチュンは、父の匂いがする枕の下にスリスリと潜ったのです。それで、父が寝たときに枕の下でペシャンコになってしまったのです。一瞬、その姿を見てしまいましたが、血は出ていませんでした。

姉は、いつまでも泣きました。
私も、お父さんがチュンを殺したと思った。
学校、行かんって親を困らせました。

げんなりと学校に行って、帰ってくると、2匹の奇麗な色のインコのヒナがいました。お母さんもいつものようにパートに出て、いない。父も仕事に出てしまっていたけど、「ゴメン」って言ってるように感じた。

私と姉は、すぐに、このつがいの中雛のインコを水道の冷水でじゃぶじゃぶ洗いました。体がかゆいから、チュンは砂浴びしたくて死んだのだから。

2匹ともブルブル震えて、1匹のメスは数時間で死んでしまいました。
私は驚いて、もう1匹を夜までずっと手の中で看病しました。
この1匹は死なずに、5年生きた。ものすごく馴れて、これも放し飼いでも逃げなかった。でも、最期はノラ犬に食われてしまった。

懐かしい。なんとなくで、すごくいい加減に生き物を飼っていた子どもの頃。大人になって動物を飼ってみると、その責任の重さに身震いする。スズメのチュンも、インコも必要以上にかまいすぎて、可哀想なことをした。けど、ここにポツンと飼ってやってるゴリライモより、幸せにさせていたように思う。あんまりかまえないぶんは、健康管理をきちんとすることで許してもらおうと思う。

いまだにスズメを見ると、愛おしさが止まらない。小鳥は大好きだ。父は、死ぬまで、毎日家の塀に、スズメのために米を10cm間隔で20粒くらい置くのを日課にしていた。父は大人だったけど、私と同じように傷ついて、悲しかったんだろうな。気持ちが今になってわかる。
きっと、輪廻転生があるなら、私も父も小鳥に生まれかわるだろうと思う。
b0053867_13504034.jpg
(昨日の病院へ行く途中の写真)
[PR]
by na-boo | 2005-09-25 13:53 | ビッチ野鳥の会
病院に行きました
b0053867_187481.jpg

情報を調べていて、
いままでのお医者さんに価格や診療の方法に
少し疑問をもってしまい

【小鳥専門の病院】なるステキな病院をネットの口コミで発見した。

カゴを抱えて、Sちゃんの車で連れてってもらった。

メガバクテリア症(AGT症)というセキセイインコに蔓延している病気だそうです。
胃の中で悪さするらしいです。医学的なことは聞いたかぎりでは、間違って書き記すことになるかもしれないので、控えます。
どういう治療をしてくれるのかなどをこと細かに説明してくれて、病気には少し不安が残るものの、ここに診てもらえることには大きく安心しました。

ゴリライモは34g。全然肥満じゃなかった。
それよか肉は細ってきているそうです。
ゴリライモはふてぶてしく寝ており・・・いやいや(笑)ボンヤリしているので、先生も、少し心配ですね、と言ってました。

「1日ジッとしているのがわかりますね。足の裏にタコができています」と言っていた。タコができるほど、じっとしていたのか、ゴリライモ。少し笑えるが、きつかったのだろう。ごめんね。

これからの治療方法を相談して、
私は、絶対、絶対に完治させてやりたいと思ったので
毎日注射を打ってもらえるよう
先生がやんわりとすすめてくれた入院を快諾しました。

入院費も思ったより安い。1週間くらいでも、なんとかなりそう。

b0053867_18244762.jpg

家にいないのは淋しいけど、がんばろう。
[PR]
by na-boo | 2005-09-24 18:02 | ビッチ野鳥の会
ただいま〜
b0053867_2172531.jpg

お。枝で寝てたんやね。
あいかわらずプクプクやけど、なんとか、元気でよかった。
b0053867_2212921.jpg

↑この写真は、会社に出かけるまえに
「行ってくね」と話しかけたときのゴリライモ。
ゲージの隅っこ地面で、そっぽむいてます。

暗いし、外見れないし、淋しいだろうと思う。
明日はゴリライモ・デーだからね。病院行こうね。
レントゲンも撮ってもらおうね。
みんなに、知らない人にもたくさん心配してもらったね。
ゴリライモはシアワセモンだね。

b0053867_2244172.jpg

今日は、地禄神社に108円投げてきた。
ぎんなんの実がなってたよ。
[PR]
by na-boo | 2005-09-24 02:24 | ビッチ野鳥の会
病院は休診
明日、つれていこう。

b0053867_14181737.jpg

昨日の顔。
目元の毛が掻きすぎたようで少しむけてしまった。
このまえは、目の周りがツルツルテンにはげてしまったから、またそうなるかと心配になる。
平衡感覚なくなってテンパってたからなぁ。
苦しさからか、少し人相変わってるね。

でも今日は見た目復活。
b0053867_14233086.jpg

吐いたものが足について、それで掻くから濡れてハゲたように見えたのかな。目元は少し元気ない。ゲージの地面にじっとしてる。でも塩土も食べ、食欲は旺盛。

私はもう仕事行くけど、元気になるんだぞ。
明日、O先生に診てもらおうね、ゴリライモ。
[PR]
by na-boo | 2005-09-23 14:32 | ビッチ野鳥の会
今日ね
いつものように11時半に仕事にいくとき、
ゴリライモがまたオエ、オエ、って吐き出して
ヨロヨロ平衡感覚なくなって
足で目元を掻きだして、毛がハゲて、
心配して。

でも、仕事の特急があったから、
それが終わったら、すぐに帰ろうって思った。

でも、なかなか終わらなくて
集中もできなくて

たぶん、死んでると思った。

人間が死ぬさまも幾度見たけど
やっぱ、吐くんだよね。毒々しいものを。

死んでるって思って
仕事して

たかがインコと思うけど

つらかった。

帰ってきていつものようにピロロと
鳴いてくれて、

自分自身も生きてるって

心地が取り戻った
[PR]
by na-boo | 2005-09-22 23:37 | ビッチ野鳥の会