花に嵐のたとえもあるぞ さよならだけが人生だ=井伏鱒二=
by na-boo
<   2005年 11月 ( 18 )   > この月の画像一覧
左サイド画像変更しました

このムービーからボールを飛ばしてるとこだけ抜きました。

いま、ゴリはヒザの上にいます。
スットンキョウな顔で私を見ています。
私がとても好きみたいです。
b0053867_1191975.jpg


今日は近所の地禄神社を通った。紅葉があざやかだった。
大きな写真撮って、ゴリライモを探せ!をつくりたいなぁ。
デジカメほしいなぁ。
b0053867_1193847.jpg

[PR]
by na-boo | 2005-11-29 01:14 | ビッチ野鳥の会
ストレス溜まってるみたい
b0053867_10472442.jpg

ボールを飛ばして、イライラ解消するゴリ造。
八つ当たりの仕方も、プリチーなのだ。

[PR]
by na-boo | 2005-11-26 10:43 | ビッチ野鳥の会
そんなこんな季節
ゴリ石焼き〜いも〜
b0053867_1384082.jpg

[PR]
by na-boo | 2005-11-25 01:25 | ビッチ野鳥の会
ゴリ師匠は
念力出してます。
b0053867_10254729.jpg


がんばれ。

ゆこたんさんとこのむーちゃん
キムチくんとこのセキノスケくん
がんばれ。
[PR]
by na-boo | 2005-11-23 10:26 | ビッチ野鳥の会
気づいてくれろ
姿が見えんとビャビャビャビャーッ
話かけんとギャギャギャギャギャーッ
ここは動物園か・・・(-_-;

ゴリ、チミは「鳥」なんだよ。鳥。ね。
b0053867_11344736.jpg

[PR]
by na-boo | 2005-11-22 11:35 | ビッチ野鳥の会
緑のなすび
b0053867_11244282.jpg

初めて見ました。

急に「アタシ、脱いだらゴイスーなの」ってな裏切りである。
たぶん、食べたらやっぱりまぎれもないナスなんだろう。

さーて仕事行くか。
仕事行く前にゴリのオヤビン。行ってみようッ


ジャァ〜ン
b0053867_1122545.jpg

[PR]
by na-boo | 2005-11-21 11:27 | ビッチ野鳥の会
携帯向けると

鳴きやむ。
気取り屋だのう。
[PR]
by na-boo | 2005-11-19 09:10 | ビッチ野鳥の会
あ!思い出した!
b0053867_013445.jpg


ゴリライモが、病気のときにとっても親身になってもらった“人間山さん”に、「元気になったら『ゴ』Tシャツを着せてくださいね!」と言われていたことを。
忘れていた。

ゴリはすごい元気。ちょっと朝はうるさすぎるぐらい。ビャビャビャビャビビビビビーーッ(←だんだん早くなる)と鳴き叫んで、近所迷惑やないかと心配するくらいです。ゴリに「はよ引っ越さんかいワレ!」と言われているようです。トホホ(笑)

人間山さんは、もう、見てないかもしれないけど、改めてありがとうございます。ということで
ジャ〜ン
b0053867_083134.jpg


元気。元気。元気だ〜
smile,smileは>ちむたんさんへ。

このパンチアートはバタコさんから頂いたもの。かわいいでしょ〜ありがとうございます^^
命、吹き込んでみました^^ ははは
b0053867_0185385.gif


明日、晴れるといいですねぇ^^
[PR]
by na-boo | 2005-11-18 00:20 | ビッチ野鳥の会
ディズニーみやげ
b0053867_1252316.jpg


これってミッキーじゃないよねぇ? インコだよね(^_^
[PR]
by na-boo | 2005-11-17 12:52 | 日記だび
綾戸智絵さんのライブ感想
b0053867_1134431.jpg

オープニングはゴリライモとカメ(笑)
無関係な画像です。ウハハ


いや〜 すごかった。綾戸智絵。すばらしい。
私は彼女の大ファンというわけでなく(CD1枚持ってない)、ただテレビで観て「パワフルな関西のちっちゃい女性やなぁ」くらいの認識やったんです。もちろん歌もクセが強くて強烈にウマイのも知ってるけど、どのくらい、どんなふうにスゲーのかってことは全然わかってなかった。

まず、会場に着いてから、客層にビックリ。ほとんどが40代〜60代の女性。開演ギリギリまで、トイレはすごい行列。開演1、2分前になると、ものすごい勢いでトイレの外にまで並んだ列の回転率がよくなりはじめて、少し笑えてしまった。熟女たちの連帯感、圧倒される。
んで幕は開け、ピアノの前に小さい女性。ものすごいパワー。パワーのつかいみちも吸収の仕方もウマイ人なんだろうなぁと思った。

ボケツッコミの笑いもちょっぴりお涙チョーダイな話も、悔しさも絶望も、ピアノも声も人も歌い手も客もなんもかんもが「同じ時代を生きて、今ここの同じ空間 にいるパワー」になってしまう。あの人、綾戸智絵さんってほんとスゴイと思った。大人のオンナにしか持てないモン、しっかり持ってて、かつ可愛らしい。とてつもなく魅力的すぎる。

音楽が好き、って自分で思ってたらしいですが、最近は音楽を通じて人と会うことが財産で、「全て」だと気がついたそうです。「音楽が天職だったんではなく、 音楽というもののを通じて、会えるはずもなかったたくさんの人に出会えることが天分だったんですぅ!」みたいなことを言っていました。伝えること、伝わり合うことがどんなに大事なのかを彼女は誰よりも知っているような気がしました。

あー。なんつーか、この思い。キレイゴトやないなぁ。
「ほぼ日刊イトイ新聞」の綾戸智絵さんの対談
「第2回 ハダカになって唄う。」ってとこに書いてあったんですが、

==========================
ワタシ、バンドのメンバーのこと
「みんな大事、大好き大好き!」
って思ってるんだけど、
あんまりそう言うのってイヤらしいからね、
「大好き大好き、だからワタシのウンコ食え!」
みたいな感じで、冗談にするの。
そしたら楽に伝えられる。
==========================

ウンコネタもコミュニケーションツールにつかってる、このスゴさ。脱帽!音楽も、ウンコネタも人とつながりあうためなら、ととことん使い込む。すごい。スゲエ。
私ももっとガサツに貪欲に、他人と向き合っていかなくちゃ。
んでもってその前に、自分も人もダイスキになれるライフスタイルを築かなくちゃ。
自分を大事にしよう。しなくちゃね。
b0053867_1173580.jpg

(綾戸智絵公式ファン倶楽部HPから「綾戸智絵、自分史を語る」引用)
その頃、抗ガン剤の副作用で声が出なくなっちゃったんです。でも、そのことで、音程を歌うのではなく、歌詞を歌えばいいと改めて気づいたのよ。リズムや音程は楽器に任せて、自分は歌詞の情感を伝える。それを徹底すれば、人に伝わるって。自分でもヘッタクソだな〜って思うよ。音程も悪いし、ビブラートも最後のオシッコみたいにしか出ないし。

声もしわがれたし音域も狭まったから、歌えなくなったところを何かで補おうとする。歌詞の持つ意味をじっくり考えるようになったんやね。みなさんはそんな私の歌を“心”があると理解して下さった。まあ、欠点は自分にしかない魅力にしちゃえばいからね。

[PR]
by na-boo | 2005-11-16 11:13 | 日記だび