花に嵐のたとえもあるぞ さよならだけが人生だ=井伏鱒二=
by na-boo
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
<   2008年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧
ポッキーとごりやん
b0053867_1795899.jpg

2羽は、仲間意識ゼロです。
b0053867_17101032.jpg

[PR]
by na-boo | 2008-06-26 17:14 | 鳥の系譜
赤ちゃんタイム
昨日、岩盤浴に行ってきた。
きもちよかった。

b0053867_1251678.jpg

写真は、このブログにちょくちょく登場のベイビー。
もうすぐ1歳。
生まれたてほやほやを抱っこさせてもらっただけに
可愛さは格別であります。

20代くらいまで、
子どもに自分の大事な時間を費やすなんて
わずらわしさ半分でしたが、最近になって、
赤ちゃんに時間を与えられるのは
とても幸せなことだと思うようになりました。

赤ちゃんもまた、大事な時間を私なんかと一緒に
つかっているんだよなぁ。って。

いやいや、しかしそうは言っても
不慣れなもんで、赤ちゃんとずっといるのは
めっちゃめっちゃ疲れますが。
[PR]
by na-boo | 2008-06-18 13:02 | 日記だび
たからもの
「鍵が無い」
「携帯どこ」
「俺の財布は」

居候先の、中学生のHくんは、毎日必ず
自分の持ち物を腹立たしげに探している。

私と同じで、整理整頓や元にあった場所に戻す、
なんて繰り返し作業が甚だしく苦手なのである。

管理しなければならないものへの行動は
いつも衝動的で、
だからいつも、自分の持ち物は羽根をつけて、
家のなかの自分から見えない場所へ
隠れているのである。

実のところ、そういう私も
毎日鍵や携帯を探すので、
自分で場所を決めて置きなさい、
なんて説教を、高いとこからたれてはならない
悲しい大人なのである。

そのHくん。
先日、家でみんなで鍋大会をしたときだ。

軽くプライドを傷つけてしまったのだろうか、
突然、自慢げにこう言った
「俺ラブレターもらったんやけんねっ!!」

どうやら、前後のいきさつから、
こんな俺でも好いてくれる子がいるから
俺も捨てたもんじゃあないんだっっ、と
おろかな大人に訴えたかったようだ。

そのまま証拠を取りに部屋にドタドタと走って行った。

私らはみんなこう、心の中でつっこんでいた。

なくしとるに決まっとろうもん!

「ない!え?!どこ?隠した?ない。ない。え?」
と舞い戻ってくるだろう。と・・・

すると。意外にも!!!じゃーーーーん!!
どこにかくしていたやら素早く戻ってきた。
白い便せんにぎっちりとラブラブ書いた
甘酸っぱいブツを手に戻ってきた。

なにもかも、なにもかもがわずらわしく
どうでもよい、物を粗末に扱うHくん。
トイレの便器をあげずにションベンたれるHくん。
隙あらば手づかみでメシを食べるHくん。

そんな彼にも、とうとう
大事な大事な、なくすわけにはいかない
宝物ができた ようだ。

まじまじで嬉しいじゃぁない。ほんと。
[PR]
by na-boo | 2008-06-16 22:58 | 日記だび
子どもの目線
「帰りたくない!」

よっぽどうちが気に入ったのか
玄関前でぐずる、この小さな小さな少年を
昨晩から預かった。

うちは小さな子どもが喜んで泊まりたがる
家ではないので、夜中には
かぁちゃんのおっぱい恋しさに
帰る帰ると言い出すだろう。とたかをくくった。

よほどやんちゃくれすると思いきや、
驚くほどのおりこうさんで
大人より手がかからない。
しつけの行き届きにいちいち度肝を抜かされた。

劇団なんちゃらの子役さながらの
台詞まわしだ。
いや、台詞じゃあないんだが。

天使の声で
「おいしいです、いい味付けですね」
なんて敬語褒め言葉の連発だ。
それでいて媚びるような、こまっしゃくれた感じはない。

今日も泊まるというので

「このままうちの子になるぅ?」
と聞いたら

「そうしたいです」
と神妙に答えた。

そして
「この家は喧嘩がないのがいいです・・」
と続けた。

なんだか。キューン。と、した。
[PR]
by na-boo | 2008-06-15 00:11 | 日記だび
上半期うまいものグランプリ
今年食べたもので、1番おいしかったもの。

それは昨年おおみそかに、
知り合いの漁師さんから届けられた、
「対馬の一本釣りマグロ2匹」

大間まぐろをしのぐ品質&高値のこのマグロ。
九州本土へ上陸せず築地へ直送するらしいとのこと。
こんなに近くで捕れる、こんな最高級素材が
空路で頭上を飛び越えていたなんて。ひどい話じゃないか。

届けていただいた漁師さんいわく
「この時期、福岡の魚屋さんで見せたらびっくりする」シロモノらしい。

早速、買ったばかりの出刃包丁を使い
自宅で解体ショー。
1人でガシガシと丸々と太ったマグロを分解した。

不器用に切った刺身をみんなで「いただきます!」

うおおおおおおおおおおぉぉぉぉぉ
神よ。。。。。

うまい。うますぎる。
尾ヒレはひれがつく形容なんていらねーぞ。ばかたれ。
うまいのなんのって。うまいのなんのって。
これはですね、もうあーた、誰かれ捕まえて
「いいから謝りなさい」と暴挙にでたくなる味(笑

このマグロのおかげで、
生きてて良かった。と思った元旦だった。
死ぬ前にまた食いてぇなぁ
[PR]
by na-boo | 2008-06-07 19:18