花に嵐のたとえもあるぞ さよならだけが人生だ=井伏鱒二=
by na-boo
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
<   2009年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧
この悪夢の2ケ月
今日は、保育園の運動会に行ってきた。
私が大好きな、Nちゃんの甥っ子3歳のマシュマロボーイが出るからだ。

私を発見するとたまんない顔して喜んで、○○しゃーーーーんと言いながら
跳びながら走ってジーンズの太ももに走って全力で飛びかかってくる。
だっこせえと手を伸ばして甘えてくる。
かわいくてたまらない。

チビは、身内のメンツで大人のカテゴリーに私を入れていないようで、
よく見抜かれているな、と子どもの洞察力にいつも感心している。

いつもいつも、私を本当のこどものように心配し
可愛がってくれてくれるNちゃんのお父さんとも久々に会えた。
お父さんが世話してくれた仕事にさえ音信不通にしてしまい
もう、どんなに怒鳴られても仕方がない、と思っていた。

なんにも話していないのに、
「ビッチさんは、性格上、人の責任や信用まで
 抱え込んでしまうんやろう。」と言われ
涙が出そうになった。

彼が紹介してくれる仕事は前会社を辞めてから、
ずっと生活保障のように毎月続き、
どんなに心配してくれてたのかをわかっているのに
昼飯さえ食べる時間のない毎日。

目が回るような平常心のない毎日で、
甘えぬき、全て、裏切り投げホゴにしてしまった。
人生最大の信用問題がこの2ケ月で大量に起こってしまった。
つらくてつらくて、心が完全に分解した。

彼だけでない。
前の会社のお偉いさんの仕事も。
友人の仕事も。
知人が差し伸べる協力の手にさえ返事できなかった。
どれも大きな仕事ではないが、私の応援団だ。

すまんと思う。
愚かだと思う。

でも、自分おらんと、倒れてしまうあの地獄を捨ててはおけなかった。
捨ててもよかったのかもしれない。捨てたほうがあいつやあの会社のため
だったのかもしれない。
詐欺師のバカの信用をかついで、こんなに尽力しなくてもよかったのかもしれない。
でも、私が投げたら、前の会社まで信用失うやんと思って、
できんやった。

アホな場所で奮闘し、
優しい人たちに甘えこれほどまでに無責任になれるのかと
自分に対し他人に対し本当に悩んだ。

しかし誰をうらむわけにもいかない。自分がバカだから仕方ない

いい勉強と思う事にしよう。

本当に、本当に、社会の高齢化が進み、
見渡せば周りは高見見物のサルだらけで、
鉄板上でカッチカチになる私はバカだと思った2ケ月だった。
[PR]
by na-boo | 2009-09-27 18:30 | 日記だび
無事これ名馬
インターンシップの学生くんが入っている寮から
インフルエンザ患者が出たらしい。

なので今週は軟禁、隔離ということで
バイト、デートと外出禁止令が出ているそうだ。

会社の人もゴフォゴフォと咳をしながら
品薄なマスクを常用し、
なんかの宗教団体のような風貌になっている


私は「ひきたいなぁ、インフル」
なんて不謹慎なことを毎日ひそかに願い、
人より大きく深呼吸しているつもりだが
どっこいウイルスは入ってくれないようだ。


b0053867_23294540.gif


「そら やおいかん話たい」=それは容易ではない話だね
[PR]
by na-boo | 2009-09-23 23:30 | 日記だび
顔面神経痛?
やばい!!!!!

と思った。

数年前、500円ハゲが2,3個発見されたとき、
私にはなぁんにも悩みがない時だった。
仕事はきつかったが、それとこれはストレスとは
因果関係はないと思っていた。

ここ1週間、
頬か、下まぶたかわからないが、
蝶々の羽ばたきのようにヒクヒクヒクヒクと
恐ろしいスピードで常に痙攣して
いるのが視野に入る。
傍目には見えないならよいが…。と願いつつ。

私って人間は、ガラッパチでヤワじゃないけど
いい風に言えば、案外、本質のところナイーブのようだ。

贅沢や見栄がある生活なんて子どもの頃から望んでいない。
表でブイブイ幅きかす生き方なんてまっぴらごめん。

シンプル最低限で生きていきたい。
自分らしくで、そうでありたい。

煩悩にまみれてこそ仕事。仕事こそ我が人生、面倒くさいことは他人に任せろ、みたいなバブル人間と共に仕事をしていると、
その生き様を貫き通すのがなかなか、難しい。
[PR]
by na-boo | 2009-09-20 22:17
なしてな
なしな、なしてな
=なんで?どうしてなの?
(博多弁)

携帯でつかってくだされ

b0053867_21564541.gif



私の楽しいことは
私の嬉しいことは
私に向かっている笑顔だ。

自分だけラッキーなんかなくたっていい。
たくさんの笑顔に囲まれた毎日を過ごしたい。
誰かの犠牲なんかいらない
[PR]
by na-boo | 2009-09-16 22:00
ロバ耳 井戸ブログ
ここだけで言う。


私は空気を読まず
ノーガキとヘッパクで
ハッタリかます
大人が大ッキライだ!
スカスカの上っ面の
カラ元気も嫌いだ!
黙って仕事せいや!
背中で人生見せい!



あんたらが世の中のなに知っとるん?

b0053867_0585378.gif

[PR]
by na-boo | 2009-09-16 00:34
かたして=仲間にいれて
b0053867_22144254.gif

博多弁す
[PR]
by na-boo | 2009-09-13 22:14 | ケータイから叫ぼう
この時期は過ぎた
b0053867_23295990.gif

[PR]
by na-boo | 2009-09-08 23:29 | ケータイから叫ぼう
呑んだくれのたわごと
ぐちゃんぐちゃんのスッカラカンでも、
毎日、ひたむきに仕事をしていれば
気がつくと、なんだか
みんなが助けてくれて

自分では頭をカラにしてやって
なんにも楽しくなくて
それでも信頼のようなものが生まれ
ビッチがやるんだから、仕方ない、
自分だけやーめたって言えないよ、みたいな空気になって

過酷でもなんとか、最低の最低限を
やって、
できないことはしない
できることもできない
そんな毎日を
黙って仕事して

気がつくとみんなが助けてくれて。

どこで働いてても、全く同じ状態を味わうわけです。
今回もそんな感じ。みんなが優しく協力してくれる。
パターン化している気がする。

原因は自分の無能から来るのかもしれない。
自分では、スカタンな内容でもやるこたやったと思っている。
この自負も我ながら困ったものだ。

差し延べられる協力の手は卑下なのか、共感なのか。

自分を知るということは難しい。ほんとそう思う。
[PR]
by na-boo | 2009-09-08 23:03 | 呑んだくれのたわごと