花に嵐のたとえもあるぞ さよならだけが人生だ=井伏鱒二=
by na-boo
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
もんちゃんです
b0053867_18342943.jpg

[PR]
# by na-boo | 2009-10-19 18:34 | ウサギ
常識たー、なんだね君。
いま行っている職場はジェントルマンが多く、
まだ勤めはじめてわずかだが
そのおだやかな接され方に、面食らうことが多い。
おそらく、たぶん、とても誇り高く良い会社なのだろう。

おや、ここは、そう、もしかしたら、お金持ちの半秀才たちの
集まりなんだろう、そう決めつけることにした。おそらく当たっている。

生きるたびにヘドロをからませて歩くミーは、この中で
かなり浮いている気もするが、まぁ、黙ってやることやってれば
邪魔にはなりゃせんやろう。
どこにいようが、マリモのように静かに人畜無害に、且つきちんと仕事をやればいいのさ。がんばれ私。

仕事は楽だ。パーティションで区切られ、ずっと一人きり。孤独な机だ。
楽すぎて、ヒゲダンスを踊りたくなるほどだ。
ウギャ========ッと叫びたくなるほど。
誰もいないので当然口をきかない。ピロリとも鳴けない。
頭がボーとする。

今日もきっとヒマなんや。と
頬杖ついた矢先に、ぶっきらぼうな顔をしたボクちゃんがやってきた。

なんで俺さまがこんな仕事せないかんのや的な様子。説明もなにもなし。
おや、この素敵会社にこんなキャラもいるんか。

二三、最低限を尋ねると
フーとため息まじりに面倒くさそうにこう言った

「常識的な範囲で」
いちいちコウルサく聞くな、と勝手な暗黙ダダッコが発動。

おお。このジェントル世界に穴を見つけた。
いるんだ、イビツな人間。
とたんに嬉しくなった。
キタキタ、この屈折した感じ! 
人間社会は、そうでなくっちゃぁ!

どこまで風吹かすか、楽しみだ。
ガッテン承知、君には今後ヘリヘリにくだりまっせ!!

今の会社ひまで仕方ない仕事時間。
人間ウォッチング、やめられまへん
[PR]
# by na-boo | 2009-10-19 02:11
エコでないヒイキ
b0053867_23221854.jpg

一番こだわりが強い中学生のHくん(写真=焼肉屋にて)
かまってかまってとウルサイ犬のクーちゃん
視線をやるだけでピキピキ騒ぎだす鳥たち

そしてなぁーんにも言わないウサギのモンちゃん。

モンちゃんにエコひいき行動をしてしまう私だけど

ホントのとこ、この口うるさい上から順が好きな順番である。
生命力がある者は、やはり、心強い。

そしてモノ言わず生きており、
こちらが察してやらなければならない逆順が
庇護してやらなければならない順番である。

モンちゃんは、庇護されなくても
生きていけるんだけども。
という顔をしてるし

Hくんとくーちゃんは、かまってくれなきゃ
泣いちゃうよ、みたいな顔してるし(笑

生き物って種別個性がオモロイ。

私はもっと強く大きくみんなを包める人間にならなくちゃね。

頑張ろう。
[PR]
# by na-boo | 2009-10-16 23:23 | 家族ネタ
小さいから小鳥なのだ
b0053867_218044.jpg


くーちゃんとハルちゃんです

副園長より
[PR]
# by na-boo | 2009-10-16 02:18 | 鳥の系譜
救急車を呼べない家人
先日、近所に借りてる事務所で連日徹夜仕事の夜中のことだ。
家のNちゃんからam3時くらいに電話があった。

胃のあたりが痛く、もう動けない、という。
我慢強い彼女が救いの手を求めているとは、よほどのことだと
察知した。聞けば3時間くらい我慢しているという。限界のようだ。
こりゃ大変だ。

ワンメーターをタクシーに乗り、
慌てて帰宅すると、リビングにNちゃんがエビのように丸く倒れこんでいた。
顔色が真っ青だ。

わぁあ!救急車呼ばなくちゃ!呼ぶよ、歩けないやろう。
と声をかけると

「救急車呼ぼうと思ったけど、部屋が散らかってるけん、
呼べなかった ツツ痛・・・歩く。。。。」

と、ひねり出すような声で、なんとも哀しい返答が戻ってきた。

そ、そ、そっか。
そうなんか。
し、仕方ない。
な、なんだかとっても、仕方ない。

イタタタタタイタイイタイとゼイゼイ言わせながら
下の大通りまで歩かせた。

私、こんなときにおんぶさえもできん、非力ですまん。

夜間診療で応急処置をしてもらい、翌日病院に行くと、
手術をしなければならないほど、大変なことになってたようだ。
(今は元気です)

いやいや、
ほんとに。

私のおかんは、他界する直前に、私が救急車を呼んだら、
下着をはき替える!!!と死者の顔色のくせに、
そんなバカなことを言い出したのを思い出した。

はきかえんでヨカ!て。

なんだかわからないが、
母にはこの後に恥ずかしい思いをしたくない、という気持があったのだろう

生に向かっての行動だから、今となればとても切ない。悲しみ通り越して喜劇すぎる。

母のこともあるし。
部屋が散らかってるくらいで、命を落としたらいけんよ、Nちゃん。
恥ずかしいも怒りも嬉しいも、良かった、も
ぜんぶ、生きてこそのモノダネなんだから。

ほんと、頼みますよ。部屋が汚かろうが、
下着にそそうをしようが
そんなこと、もう、人の命に比べたら
まったくもってどうだっていいんだから。

どうだっていいと思ってください。ほんとに、お願いします。
泣くよ自分
[PR]
# by na-boo | 2009-10-14 01:24 | 日記だび