花に嵐のたとえもあるぞ さよならだけが人生だ=井伏鱒二=
by na-boo
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
いまの私の気分です
b0053867_9461225.gif

[PR]
# by na-boo | 2009-08-31 09:46 | ケータイから叫ぼう
骨折り損のくたびれ儲け
疲れていることさえわからないほどに
疲れている

1日はなぜ24時間で、
なぜ睡眠をとらなくてはならず
なぜ癒しの時間を貪欲に必要とするのだろう。

そして私はなぜ酒を浴びるように飲んでしまうのだろう。
頑張らなくてはいけないのに。
24時間しかないというのに。

さほど頑張ってないのに焦ったりする。
本当に、私はもう、くだらない、いやな人間になっちゃったもんだ。

労働の金勘定ができない
5人分働いて一人前の3分の1のギャラ。
なんにもせんやつが全ギャラのほとんどを持っていってるからだ。
詐欺を知人にやられてるのだが憎めないでいる

自分と闘う日々。
[PR]
# by na-boo | 2009-08-30 00:40 | 日記だび
つぶやき
苦手なことをする毎日。
きつくて仕方がない。
[PR]
# by na-boo | 2009-08-28 09:22
へんな夢
へんな夢を見た。
焼き肉屋さんの仕事の手伝いをしてくれと、見たこともない親友から頼まれた。
その親友のおばあさんが経営しているお店だ。聞けば20件ほどチェーン店があるという。

行くと、高慢ちきなおばあさんがおり、店の手伝いではなくサイトをつくってくれという。
世界のゴージャスなお店の食べ物を集めて、ミシュランガイドも越える一流情報を
載せたいという。期限は1週間。

その情報は誰が集めるのですか、と聞くと「あなたですよ」と平然と言う。
「そんなバカな、1人でなにが出来ますか」と抵抗すると
「うちには一流のお客様が来られるから、大丈夫です」と言う。
「いや、1週間というのも物理的に無理ですしね」と断った。

「それならお店の手伝いをしてください」とおばあさんは言った。
うちのお店は、賃金は与えません。報酬はここのお肉です。という。
目の前に焼き肉の準備がされた。

ゴムのようにまずい肉だった。固くてかみ切れず、それでも無理をして失礼のない程度に食べた。

そのうちおばあさんは消え、友人がやってきた。
友人はこう言った。
「もう、今日の焼き肉屋のバイトも断ります、という結果が」

内心安堵した
でも、なぜ?理由は?ときくと
「あなたが肉を遠慮なく食べたからです」

という。
あほな、あんたら間違っとるし。と講釈たれていたら
目が覚めた。

この夢を友人Aに話すと
「限界、きてるんじゃない?」と

私がいつもいっぱいいっぱいなのは私の能力がないからなのか
それとも世の中がおかしいのか
それとも関わってる人が無能なのか
それともやはり私が能力がないのか

よくわからない。
でも、もんどりうっても生きていかなくてはならないことは確かだ。
私に未来を夢見た親がいた限り。
[PR]
# by na-boo | 2009-08-23 22:22 | 呑んだくれのたわごと
若い頃に旅をしてない者のたわごと
福岡てぇのは手のひらサイズ、隅々までが簡単に
おらが町ビバビバドンドンになるような
ほんとうに狭苦しい世界で

同業にいたっては、
誰かの知り合いは私の知り合いどころか
誰かの親戚は私の友達。くらいの狭さです。
ふるさとを出れば良かったのですが、後悔先にたたずで。

「ああ、15年前くらいに一度、お会いしましたね」
なんて会話をしょっちゅうするのであります。

そんな感じです。しかしどうしてもこれからはとても狭いところで仮面を外して
あれも私、これも私、そしてきっと愛で、(笑
生きていかねばならんのだなぁと思います。

いい年になると、なかなか、恥はかきすてな生き方できんようになってるようなのであります。
[PR]
# by na-boo | 2009-08-18 23:18 | 呑んだくれのたわごと